飼育環境

力が強く,動きも活発であるため,ある程度大きい飼育ケースが良いでしょう。 足が長く,符節が取れることもあるので注意が必要です。 また,基本的にはオスとメスを分けて1匹ずつ飼育ます。

成虫の飼育

カブトムシ 食欲旺盛なので,毎日エサを交換しましょう。 その際,手をつかまれるとはがす時にケガをする恐れがあるので気を付けましょう。コーカサスは, 非常に力が強く,なかなか離れてくれないことがあります。焦らず,木の枝などを近づけて移してみましょう。 また,頭部と胸部の隙間に挟まれると非常に痛いです・・・。これも気を付けましょう!

オスとメスは別々に飼育することが望ましいでしょう。一緒に飼育するとケンカをして,怪我をしたり,足がとれてしまうことがあります。 基本は別々飼育で!


繁殖の仕方

繁殖にはコーカサスのペアが必要です。オスとメスは交尾をさせる時だけ一緒にしましょう。 交尾がなかなか確認できない場合は,こちらで手伝ってあげると良いです。メスの上にオスを そっと乗せると,交尾を始めると思います。交尾が終わったら,そっと離してあげます。

交尾を終えたメスは,しばらくすると卵を産み始めます。マットの底を少し手でかためておくと良いでしょう。 条件が良ければ一度の交尾で30個以上の卵を産むと思います。ただし,産卵を続けるとメスの寿命は縮みます。 長く飼育したいのであれば,最初は,交尾をさせない方が良いと思います。

幼虫の飼育

卵が確認できたら別のケースに入れます。1カ月ほどで孵化します。条件が悪いと孵化しないこともあります。 生まれた幼虫はどんどんマットを食べて大きくなります。また,大量のフンを出しますので常に清潔にしましょう。


3齢になってくると日本のカブト幼虫よりも明らかに大きいことがわかります。

蛹の管理

準備中です