必要な持ち物

まずは,必要な持ち物を確認しましょう。

<昼間>

スコップ(幼虫採集時) 飼育ケース 虫よけスプレー  ムヒ(かゆみ止め) 軍手 補虫網(あれば) 目印紐 など

<夜間>

上記の物+懐中電灯

服装:長ズボン・長袖 靴下 はきなれた靴

雑木林を探そう

昆虫採集と言ったら山に行くことをイメージしますが,都会に住んでいる人にとって山は近くに無いものです。 しかし,諦めるのはまだ早いでしょう。山が近くに無くても神社や公園なら結構あるはずです。 名古屋市内にも緑地公園のような木の多い場所は身近にあります。 公園へ行くなら緑地公園や森林公園がおすすめです。


下見に行こう

カブトムシ・クワガタムシを見つけるためには,樹液の出ている木を見つけることが非常に重要です。 樹液の出ていない木にはやって来ないと思って良いでしょう。 近くに神社か公園を見つけたら,昼間に必ず下見をしましょう。暗くなってからでは分かりづらいので昼間に一度行くことをオススメします。 夜になると雰囲気が変わってわかりづらくなることもあるので目印を残しておくと良いでしょう。但し,採集が終わったら必ず回収しましょう。

また,昼間行くとカナブンやゴマダラチョウなどの昆虫がいることがあります。それらの昆虫が樹液を吸っている木はしっかりチェックしましょう。 スズメバチなど危険な昆虫がいた場合は,速やかに離れましょう。


カブクワの好きな木を知ろう

カブトムシ・クワガタムシはクヌギ,ナラ,ブナなどの木の樹液に集まります。 ドングリはブナ科の果実なので地面にドングリの実が落ちている木を探してみましょう。 もちろん,木があるだけではなく,樹液が出ている必要があります。

右の写真はコナラの葉です。実際に見て,クヌギの木を見分けることができれば,カブクワの採集率は格段に上がります。


採集時間を知ろう

カブトムシ・クワガタムシは夜行性の昆虫なので夜か早朝に採集に行くと良いでしょう。 場所にもよりますが,20時くらいからよく採れます。早朝の場合は4時から5時に行ってみましょう。 カブトムシは昼間にもたまにいますが,あまり期待はできません。

また,子供は必ず大人の人と一緒に採集に行くようにしましょう。 同じ場所でも昼と夜では全然雰囲気が違うものです。十分に気をつけて楽しい採集にしましょう。

管理人はカブトムシの他に,コクワガタやミヤマクワガタを昼間に見つけたことがありますが,基本的には彼等は夜行性です。


その他の採集場所について

樹液以外にも集まる場所があります。それは街灯です。カブトムシ・クワガタムシは光に集まる性質があります。 道路の街灯や自動販売機を見てみましょう。運が良ければ見つかるはずです。 道路で採集を行う場合は自動車には気をつけましょう。昆虫採集に夢中になって,事故にあっては本末転倒です。