〜5周年特別企画〜 前編 



編集:今回は作者おりぃけん(以下k)と編集者(以下―)が

読者からの多くの質問にお答えする企画です。



―それではさっそく読者からの質問

メールを読ませていただきます。



k:どうぞ。



―『いつも楽しく読んでいます。質問というかお願いなんですが,

早く本編を進めてほしいです。以前,最終回までの構想はできて

いると聞きましたが,今はどのあたりまで進んでいるんですか?』

と読者D氏からメールをいただきました。



k:いきなりぶっこんで来たねーw

本編はまぁ,ぼちぼち進めますよ。

なるべく夏の時期は本編を進めるのを

避けていたんだよね。気づいた人いるのかな?



―それはなぜでしょうか?



k:だって,夏は昆虫のことが知りたくてHPを

見に来てくれる人が多いでしょ。

そこにこんな昆虫を採集しない

イカレた本編の物語をやっちゃったら,

見に来こなくなっちゃうでしょーw



―いやいや,そんなことないと思いますけど・・・。



k:どこまで進んでいるかと聞かれたら,

全物語の2割は進んだくらいかなー・・・。

途中で面白い話を思いついたらさらに長くなるかも。



―先は長そうですね。続いての質問が来ています。

『スナぴょん団の活躍がもっと見たいのでたくさん出して欲しい。』

これも要望ですね。読者D氏からです。



k:そうだね。考えておくよ。そのうち大規模なヴィート

対決をやるつもりなんだよ。いつになるかわからないけどね。



―わかりました。それでは次は,『菊の華シリーズに出てきた組織のスパイ,

闇の騎士(ダークナイト)は誰ですか?自分は黄金原さんが怪しいと思っています。』

という質問ですがこれは答えられないですよね・・・。ちなみに読者D氏からです。



k;そうだね,次の菊の華シリーズ最終章で黄金原氏は警察内部で

〇〇を見つけるんですよね。闇の騎士の正体は〇〇で・・・(以下省略)



―これは,ここまでですね。次の章が待ち遠しいところです。次に行きます。

『昔,山犬の南雲が山本氏が簡単に人を殺すことにビビっていましたが,

菊の華シリーズで躊躇なく人を殺しているシーンがありましたよね。

あれはどういうことですか?』と来ています。なかなか核心をついていますね。D氏からです。



k:というか,D氏からの質問多すぎだろw他にきていないのかよ!?



―ないですね。質問は全てD氏からです。



k:読者から多くの質問って多くの読者からの

質問じゃなくて一人の読者がたくさん質問しているのか・・・。



―それで,この点についてはどうなんでしょうか?



k:これはですねー・・・。次かその次の章にかかわってくることでもあるんだよね。

今,簡単に言えることは南雲氏も人殺しの経験が増え,自信がついたということ。

組織の命令に従ってターゲットを殺らなければ,

自分が山本に殺されてしまうことを学んだんでしょう。

その過程でだんだんと冷酷になってきた,と。



―なるほど。それが次回の新シリーズで描かれるということですか。



k:うーん,次回かその次か,もしかしたら書かないかも。

これは裏設定だからね。あくまでも主人公は

リク君なのでそこを中心に書いていきたいかな。



―それでは最後の質問です。『本当に後松君はあの話で最後なんですか?

今,彼はどうなっているんですか?非常に気になります。

自分は彼が組織のボス,御前だと思っています。

そして彼の実力は全類最強でリク君たちが苦戦する話が読みたいです。』



k:それもD氏からだね。彼は後松君大好きだよねw

まぁ,そういう質問や要望も来ることは予想していてね。

せっかくの5周年企画なので他にも何かやりたいと思っていたんだよね。



―と言いますと?ああ,長くなってしまったので後半に続きます。



k:ああ,そう。








〜5周年特別企画〜 後編 



話数未定 リクの少年昆虫記 〜5周年特別企画〜 後編



―もう一つの企画の前に私からもいくつか質問させてください。



k:うん,かまわないよ。



―前回の3周年の読者対談企画ではストーリーに関する質問や話題が出ました。

今回は少年昆虫記の裏設定や制作事情などをお聞きしたいのですが。



k:なるほど,いいよ。なんでも聞いてね。



―まず,毎週掲載するストーリーはどれくらいのペースで書いているんですか?



k:本編の各章は全て書きあがってから1話ずつ掲載するようにしているよ。

そうでないと,後で伏線や矛盾点に気づいても直せないからね。

今も菊の華シリーズ最終章を書いている途中なのでもう少し

したら掲載できるかも。でも,年内は無理かな・・・。



―その話はどこで考えているんですか?



k:いつも考えているよwお風呂とか寝る前とかでも考えている。

そして思いつたらメモやPCに打ち込んでおくよ。

まぁ,以前も言ったけど,だいたいはテキトーだよw



―なかなか大変ですね・・・。でも,そこまでやるから

裏設定や伏線もかなり深く考えてあるわけですね。



k:それから1つの話に載せる量も決まって

いるしね。計画的にまとめるのが大変・・・。



―それはA4用紙にすると約1枚ですよね。

文字が多くても少なくてもほぼ1枚。



k:そう,だから会話ばかりの回だと

文字数は少なくなるwたまにオーバーするけどね。



―ストーリー的なこともいくつか伺います。

誰にも気づかれていないだろうという伏線ってあるんですか?



k:ああ,いくつかあるよ。伏線だと匂わせておく場合もあれば,

そうじゃなくてこっそり書いてあることもあるからね。

例えば○○と△△が××とかね。

〇〇が好きな△△は実は組織が開発した××で・・・などなど。



―それは初めて聞きました!しかし,

まだ公表はできない内容ですね・・・。



―もう一つお聞きします。以前,イツキ君の過去編で少し

触れられていた三大悪童という人物たちがいましたよね。

3周年特別企画対談でも話題になりました。



k:そうだっけ?



―その人物たちが中心になるストーリーも

今後展開していくわけですよね?



k:うん。そうなるね。裏設定はかなり細かく考えてあるんだけど

なかなか出すタイミングがなくてね。

来年か再来年には動きがあるんじゃないかなー。

ワク君の話もやっているからなかなか出すタイミングが・・・。



―そういえば,その特別対談で読者のD氏が

予想していたことが当たっていましたね。

赤神氏が重要なキャラになることや第三勢力に

所属していることなどを予想していました。



k:確かに。赤神は公安組織である菊の華のリーダー。

少年昆虫団,闇組織JFとは別の第三勢力だね。



―最後に教えてください。今まで一度しか出ていない

キャラの再登場はあるんでしょうか?例えばパクト君とか・・・。



k:いい質問だね〜。それがさっき言おうとしていた企画に繋がるよ!



―どういうことでしょうか?



k:ずばり,5周年特別企画!

イカレキャラ4週連続登場企画だよ!



―えええっ!!!??ちょっ,

それはどういうことですか!?聞いていないですよ。



k:うん,今,初めて言ったからねw



―4週も続けてイカレキャラばかり

出るんですか!?あの後松君もですか!?



k:それはまぁ,お楽しみということで。というわけで,

来週から4週にわたり,イカレたキャラが

登場する話になりますのでご期待ください!!



―はい,なんか心配になりましたが,期待しています。

それでは来週からはもう一つの企画をお楽しみください。!








連載6周年&300回突破直前記念



編集:いよいよリクの少年昆虫記が掲載されてから6年がたちます。

今回は、作者のおりぃ氏に昆虫記にまつわる様々な質問に

Q&A方式で答えてもらうことにしました。



おりぃ:色々と物語を深く読む上で重要なことについても答えましたよ!

編集:質問は全部で15問!それではさっそく質問にうつりましょう!



Q1 リク君の生年月日は?

A 5月26日



Q2 リク君の好きな食べ物は?

  A ソバとラーメン



Q3 リク君の捕虫網はどんな仕組みになっているの?

A いずれ本編で明らかになります



Q4 リク君の技はどれくらいあるの?

Q5 リク君の技には系統みたいな区別があるんですか?

A 技についての質問が二つ来たのでまとめて答えます

 技の数はまだ登場していないものも結構あります。

技の系統は大地の一刀と二刀,

大空の一刀と二刀を使っていますが

実はもう一つ系統がありますがいずれ本編にて



Q6 リク君の通っている小学校について教えてください

A 彼らの通う小学校は西区一の悪といわれるほど荒れている学校で

君臨する三大悪童が中野木一帯を牛耳っています。

児童数は各学年約100人ほどでカリスマ児童会長と

執行部たちが校内の自治を担っています



Q7 トシ君の身長はどれくらいあるんですか?かなりでかく見えます

あと,ほかのメンバーの身長も知りたい

A 今までどこにも書いていませんでしたね。

 リク:150p イツキ:165p だぬ:155p まさら:145p

 トシ:170p レオン:185p ワク:135p カイリ:125p



こんな感じですかね。昆虫記の世界は栄養状態がよく,

この年齢でもみんなかなり大きいよ。



ちなみにこっちの世界のこの年齢の平均身長は130p・・・。

昆虫記の世界の子供はでかすぎか・・・。

ただし上限はこっちの世界とさほど変わりません



Q8 少年昆虫団の名字を教えてください

A 今はまだ内緒です。でも実はちょっとした

裏設定があるのですが,それはまた本編にて



Q9 まさらちゃんには好きな人がいますか

A たぶんいません



Q10 だぬちゃんはどうしていつも敬語ではなすの?

A きっと親が丁寧な言葉遣いなんでしょう(適当)



Q11 少年昆虫団はどうやって結成されたのですか?

A これはいずれ本編で必ず出ます



Q12 闇の組織JFはいつごろ結成したのですか?

A これも本編で必ず出ます



Q13 闇の組織で一番強いキャラは誰ですか?

A 単純な戦闘能力ではやはり山本と東條でしょうね。

ただ,彼らに匹敵する強さを持つ

人物達もまだまだでてきます。

また,御前の実力は現段階では

未知数としておきます



Q14 あと何年くらい続きますか?

A わかりません。何もなければ来年も続いていると思う



Q15 新キャラはまだまだでますか?

A まだまだ出ます。

イカレキャラもまた出ます 



編集:それでは次週はいよいよ連載6周年

&300回突破記念をお届けします。








連載6周年&300回突破記念



編集:ついに記念すべき300回ということで,作者のO氏と唯一のファンであるD氏に

今までを振り返りながら今後の展望について語り合っていただきましょう。



O氏(以下O):またまたよろしく。

D氏(以下D):ちょっと聞きたいんですけど,

この対談って需要あるんですか?



O:あ〜,たぶんないね。だって作者の自己満足だもんw



編集:いえいえ,そんなことはありませんよ。



D:そもそもこの企画はいつから始めたんですか?

O:確か100話突破記念で,わくのワクワク冒険を

やってワクとカイリが初登場。その後はスピンオフとして大活躍のワク君。



D:ああ・・・。正直,自分はあのシリーズ

つまらないと思います。早く終わったほうがいいですよ。

O:でも賢い人たちには頭脳系のデスゲームモノ

は人気があるからなぁ。賢い人には!

D:なるほど!っていやいや・・・。



編集:今までの対談や質問コーナーを通して当時は

まだ明らかになっていなかった伏線などについて振り返ってみましょうか。



D:いいですね〜。



編集:157話で掲載3周年特別企画として

初めてD氏に登場してもらっています。



O:そうだったね。当時は影(シャドー)が出てくる話

ばかりだったから山本の登場が見たいといっていたよね。

D:そうでした。最近はまた出てきましたね。

逆に影(シャドー)を見なくなりました。



O:どちらも重要キャラなのでこれからも

ドンドン出るから大丈夫。



編集:D氏はかなり伏線を読むのが得意だと言っていましたね。

赤神さんのことも重要キャラだと見抜いていました。



D:やはり予想的中でしたよね。

だって彼は菊のリーダーだったわけですから。



O:桃瀬さんのことも暗殺者だと予想していましたね。

結局は菊の腕利きスナイパーだった

わけだから半分当たっているよ。



編集:203話では4周年特別企画を行いました。

ここではそれぞれのキャラを深く考察し,

物語の振り返りを行いました。

そして昨年は250話で5周年特別企画として

D氏からの質問にお答えする企画を行いました。



D:ありましたね。自分はそんな質問を

した記憶があまりないんですが・・・。



O:ゴホゴホッ・・・!細かいことは気にしない!



編集:D氏はズバリ,闇の騎士は黄金原氏が怪しいと

ここで断言していましたね。ものすごい推理力です。



D:いやぁそれほどでも!



編集:最後にお聞きします。D氏の予想では今後,

どのような展開になると予想されますか?



D:やはり,山本とリク君の対決があるんじゃないですかね?

後は,イカレキャラが出てくるか心配しています。

O:安心してください。でますよ。



編集:それではまた次の機会に!本日はありがとうございました。



O:まだまだ物語は続きます。とりあえず,

年明けにあの冒険記が始まります。

D氏には不評ですが,一部ファンのためが

楽しめるような内容にしていきたいと思います。お楽しみに!



D:いやぁ,あれはつまらないですよ,マジで・・・ブツブツ・・・。

早く終わらせた方がいいですよ・・・ブツブツ・・・。



   前へ 次へ